邦人被害(9月13日に車上荒らし被害の発生)

在サンパウロ日本国総領事館より
以下のとおり、邦人が被害者となる車上荒らし事件が発生しましたので、お知らせします。
 
1 発生日時
 9月13日(月)午後7:40分頃
 
2 発生場所
 サンパウロ市ピニェイロス地区アントニオ・ビクド通り33番地付近路上(Rua Antonio Bicudo, 33 Pinheiros)
 
3 事件概要
 被害者(男性、駐在員)は上記路上に車を駐車し、所用のためその場を40分程離れた。用事を済ませ車に戻ったところ、車のドアがバールのようなもので壊されており、助手席シートの下に置いていた鞄が盗まれていた。車は防弾車で、窓にスモークフィルムも貼られていた。なお、被害者に人的被害はなし。
 
4 被害品
 鞄に入っていたパスポート、クレジットカード類、財布、現金等
 
5 防犯対策
(1)車はなるべくセキュリティがしっかりしている駐車場に駐車する。
(2)鞄等を車外から見えるところに置いて離れない。
(3)貴重品は分散して保管する。
(4)パスポートの原本は鍵のかかる場所に保管する等して、常に所持する場合は原本ではなくコピーを所持するようにする。
 
 
 
【問い合わせ先】
 在サンパウロ日本国総領事館 領事部
  電 話  (55-11)3254-0100
  メール  cgjassist@sp.mofa.go.jp
Posted in: